会社に安定を求めるエンジニアは危険

会社に安定を求めるエンジニアは危険

こんなエントリがありました

会社は安定を保証してくれない

これ、前職のとき(大企業グループのSIer)はあまり実感がありませんでしたが、外に出てみるとよくわかりますね。

本来エンジニアって、会社に依存しない技術をもってこそだと思いますが、いつの間にか会社に依存した技術ばっかになるんです。

転職しても市場価値がない高給取りっていう、見事に社畜が出来上がると。

今の人余りにつながっています。

なんで市場価値のない技術を使い続けるのか?

なんで会社依存した技術ばっか身につくかというと、大企業だと大口顧客が多いので、継続して毎年仕事がありします。

毎年担当を替えるのは効率悪いので、ほぼ同じ人がアサインされがちです。

当然ながら、仕事のルーティーンがそこの顧客相手に最適化していってしまいます。

また、官公庁向けとかでよろしくないのが、新しい技術を採用することがほとんどないことです。

枯れた技術を使いがち。例えばWebサーバなんかは、未だにApache+Tomcat以外は認められてない所も多い…。

そのため、「どうせ仕事で使わないし」って、最新の技術動向を追わなくなります。話しても技術がわからない人だらけだから、やる気もなかなか出ないです。

そうやって組織丸ごと落ちていくわけですね。本来勉強ばっかの職種のはずですが、勉強しない人だらけに。

自分の未来は自分で守る

会社に尽くすのは結構ですが、会社はもう自分を守ってはくれません。

周りに流されず、意識して市場価値を上げたほうが良いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。