日本経済対策の疑問点(Part3)

Part1Part2の続編です

嘘6:そもそも消費税増税で社会保障費の足しになるのか?

増税程度ではまかなえません。これからを考えると、焼け石に水といっていい。

そもそもよくわかりませんよね。基本的に弱者のためにあるものを弱者から取るって。

大して意味がないとわかって怒らない国民がどれぐらいいるでしょうか。

東出の不倫なんかにパワーを割くなら、自分や家族に直結する政治や経済に向けてほしい

経団連向け、つまりは大企業向けとしか思えない法人税減税をやめればいいのではないでしょうか。

今の大企業に、日本を出ていって稼げる企業なんかありませんよ。そもそも雇ってる人材が海外に対応できない。

とにかく税収増やして歳出削減していく方向、つまりはPB黒字化への舵を取ることはよろしくないことはPart2で書いたとおりです。

嘘7:消費税の高い北欧は社会福祉が充実していて幸福度も高いから、消費税高いのは問題ない?

北欧は自殺率高いですね(日本は18.5人…高い)

人口10万人中の粗自殺率(2016年)

デンマーク 12.8人
フィンランド 15.9人
アイスランド 14人
ノルウェー 12.2人
スウェーデン 14.8人

https://news.yahoo.co.jp/byline/abumiasaki/20200103-00157561/

幸福度1位のフィンランドを筆頭に、幸福度が高いとされている北欧は自殺率が高い…これ幸福なんですかね?

ここまで3回に分けて、あたかも本当のように語られている「嘘」について書いてきました。

正直、自分も騙されていました。

こういうものに騙されないようにしたいですね。