プログラム書くだけで食っていけるか?

プログラム書くだけで食っていけるか?

自分の肌感で書いてみます。

コードを書くだけの人間は需要低い

あくまでまともな給与をもらうには無理という意味ですが。

今はフレームワークもだいぶ進化していて、一昔前と比べてかなり書きやすくなっています。

個人差があまり出なくなっていますので、単なるコーダーはこれからは厳しいですね。

身も蓋もない言い方をすると、会社にいてもお荷物です。

何ができれば食べていけるのか?

じゃあ何ができればいいのか?というと、設計まで含めてプロダクト全体を見られることですね。

仕様の設計への落とし込み、仕様のレビューができるのは必須。

明らかに不整合起きるのに「設計書にこう書いてあるから」とか、中国へのアウトソーシングみたいなこと平気で言い訳する人がいますが、論外です。そこの会社が潰れたらキャリア終了ですよ。

もしそれでもコーダーで生き残るなら、めちゃくちゃ書くスピードが早くて品質が高いのがマストになってきます。

最悪なのはSES(客先常駐)みたいな言われたことしかできない、スピード感もないエンジニアです。

もし今SESなら、いますぐ辞めましょう。

流行りのプログラミングスクールは「食えないSES製造機」

就職率云々も、SESに就職させまくってあれですから…。

そもそも「学校のお勉強が得意で、社会に出てみてうまく行かなかった」ってタイプが入るところですが、エンジニアってそういう人には向かないんですよね。

プログラミングスクールに行ってエンジニアとして花が開く人は、行かなくても花開きます。

入ろうとしてる方がいたら、やめておいたほうがいいです。

将来性ある業界ですが、勉強し続ける業界です。

10年前のことが全く役に立たないのなんてザラです。

必要なのは、教えられたことができるではなく、自分で学ぶってことです。

技術が陳腐になるスピードが早いのに、学校の教科書みたいに体系立てて教育するのは、会社からしてもコストが高すぎます。

結論

プログラマだけで食っていこうとするのはおすすめしません!

エンジニアとして、設計できたり、お客さんと折衝できたりってのを絡めるといいかと。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。