サンドウィッチマン「復活力」

NO IMAGE

セールだったのと、彼らのファンなので読んでみました。

彼らというと、2007年M-1の敗者復活戦からの優勝で大ブレイクした印象ですよね。

でもどういう経緯でそこまでのキャリアを歩んできたのか、要は「M-1前」のサンドウィッチマンってあまり知ってる人がいないと思います。

この本は彼らの半生なので、メインは「M-1前」の話です。

彼らのラグビー部の話とか、そもそもそこまで強い意志で上京したわけじゃないとか、実は2005年まではダラダラやってたのは意外でした。

※くりぃむしちゅーの高校ラグビー部も愉快なメンツだらけでしたが、ラグビー部って面白い人が集まる土壌みたいなのがあるんですかね。まあそもそもこのコンビ2組の時点で凄いですが。

この本で共感したポイントは

・具体的な短期目標を持つと成功する

・一つのことに集中する

というところです。

彼らは「今年(2005年)にテレビ出られなければ辞める」といった具体的な短期目標を掲げていました。見事に、エンタの神様に出演。

短期目標の実現のために、お笑いのみに心血を注ぐようにしたことで、結果を出すことができたと。

彼らは才能の塊みたいに見えますが、そんなことなくて、やっぱこういうプロセスを経てきているんですよね。

それでも05年〜07年で3年連続準決勝で負けているのですから、結果を出すには色々考えなきゃいけないと。

彼らですらこんだけ努力してるんだから、自分は相当に努力しないといけない。そう思わされました。

0
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。