老後に必要な資産の作り方について

前エントリの続きです。

2,000万円なんか作れないよ!って人が多いから反発だらけだったのかと思います。

ただ、これも漠然と捉えて「無理」と言っている気がしています。果たしてそんなに難しいでしょうか。

現在35歳だと仮定します。定年が60歳だとして、残りが25年。

4万/月の貯金だけでも、1,200万円貯まります。年間100万なら2,500万円となるので、貯金だけでクリア。

ここで資産運用です。

老後までは非常に長い時間があります。この時間を活かした複利効果を使わない手はありません。

500万円を20年、年率3%で運用すると、およそ900万円になります。

※複利計算サイト https://keisan.casio.jp/exec/system/1248923562

40歳までに500万用意して寝かしてしまえば、残りはだいたい1,100万円。

40歳〜60歳まで4万/月の貯金をしていくだけで960万円ですので、少し足りないぐらいですよね。4万5千/月の貯金にすると、1,080万円でほぼクリア。

もちろん、この間に資産運用に回せば、貯める額は更に少なくなります。加えて、2,000万円は「夫婦で」なので、パートナーがいる方はもっと楽です。

どうでしょうか、そこまで難しくないのでは?自分で貯める額は2,000万円もなくていいんです。

日本は貯金だらけで、資産の配分が偏りすぎています。

もちろんデフレが長かったからというのもありますが、貯金を選択しているわけではなく、資産の配分の仕方を知らない人がほとんどかと。

アメリカは45%、イギリスは35%ぐらいが株式・投資信託です。

※実は金融庁は以前から「資産運用してください」って発表しています。

どうせ国は何もしてくれないからと、自分の未来(パートナーとの未来)についての思考停止するのじゃなくて、どうすれば解決するか考えていきましょう。

「老後まで生きてるかわかんねえし」って人ほど長生きするのが世の常ですしね笑

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA