老後に必要な資産について

老後に必要な資産について

「老後を過ごすのに必要な貯金は2千万円」って、ちょっと前に金融庁からの報告書が話題になりましたね。

「官僚どものせいで年金が減るんだろうが!ふざけんな!」「やっぱ払っても年金もらえないんだ」みたいな世間の大きな反応に対して、自民党がこの報告書を否定する形を取りました。

ただこれで世間の大半が年金に対して誤解してるのもはっきりしました。

・そもそも今でも年金だけで老後を過ごせない

 →みなさん年金だけで賄えるって誤解をしてますが、そういう想定の仕組みではないです。

・老後に必要な資金が2千万というのは目新しい情報ではない

 →元々開示されている情報を整理しただけで、新しく発表した内容ではないです。

  今の統計で、老後の夫婦2人で年金暮らしの場合、平均で5万円程度不足しているようです。

  その不足金に対して、寿命を掛けた結果が2千万円ってだけですね。

本当に公然の事実を整理しただけで、あれだけの世間の反発がありました。自分もですが、如何に年金生活を曖昧に考えてたかってことですね。

次のエントリで、老後資金の考え方をお伝えします。

0
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。