福袋の仕組み

福袋の仕組み

福袋、楽しいですよね!

そもそも在庫処分ってのはみなさんご存知だと思いますが…

でもなんで在庫処分をするのか?倉庫の問題?

もちろん物理的な問題もありますが、何より会計処理で邪魔だからです。

会計処理的に、在庫は定価というか売価の価値があるとされて計上します。

しかし、一向に売れないものってそんなに価値あるわけないですよね。でもその価値で資産として扱われてしまう。

市場価値で計上できないので、半額でもいいから現金にしてしまうというからくりですね。

福袋は中身がわかるやつなら得!って思う人も、それはそれで引っかかってる

買う必要があるかどうか?って観点ですね。

「あーそういやアレほしかったんだよな」程度のを福袋で買うことが多いんじゃないでしょうか?

この時点でお店の勝ちです。買うかどうかわからなかったものを買わせていますので。

ここまで認識しても買う価値があれば買うべき

じゃあ福袋買わないほうがいいって結論ではあるんですが、買うと得するケースもあります。

・買わなきゃいけないものがちょうど福袋対象であるとき

・買わなきゃいけないものものが、メーカー何でもいいようなもののとき(例えばヨドバシの家電福袋とか)

といったところです。

それ以外は多分損をします。

損得じゃねえロマンだ!って人は気にせず買い続けてください笑

実際自分もそういう買い方してたときがありました笑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。