お金持ちはケチで貧乏人は金遣いが荒い

お金持ちはケチで貧乏人は金遣いが荒い

逆じゃないのか?と思いますが、このとおりです

お金持ちは無駄な金は使わない

※まずこの記事での「お金持ち」は一般的なお金持ちを指します。前澤さんとかあーいう規格外の金持ちは除外します。貧乏人は平均所得あたりの人を指します。

お金持ちは無駄な支出を嫌います。

無駄に家賃が高いところには住まないし、不要なものは買わないです。それがいくら少額でも。

車が趣味でないお金持ちは、目的を満たすぐらいのレベルの車しか買いません。ドライブが趣味であれば高い車を買うでしょうが。

貧乏人は無駄なお金を使う

「着てない洋服あるな」「アレって家にあったっけ、まあどうせ必要だし買っとくか」「これ結局使ってないな」みたいなの思い当たりませんか?

家賃や住宅ローンも「給料の3分の1が相場だから」って理由で決めてませんか?

携帯代、「格安スマホっても面倒だし、たかだか月数千円でしょ?」って思ってませんか?

こんな考え方が貧乏人の特徴です。

お金持ちのほうが支出を吟味していて、貧乏人のほうがザル。

収入に格差があるだけでなく、支出にも差が出たらそりゃ拡がる一方です。

「収入が多い=お金持ち」ではなく、「収入−支出=可処分所得が多い=お金持ち」ですので。

まずは無駄な支出を見直す

家賃って自分の収入に対して適正ですか?自分は手取りの3分の1以下が妥当だと思います。収まらなければ近づける。

携帯代、キャリア契約必要ですか?ahamoとかキャリアの格安プランではだめ?

把握できる分だけの洋服を買いませんか?自分は洋服全部把握してます。買った値段まで覚えてます。記憶に残らないような服は捨てましょう。

ここらへんを見直すだけでも、結構暮らしが楽になるはずです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。