ブランドの革靴は正規代理店で買ったほうがいい

ブランドの革靴は正規代理店で買ったほうがいい

ネットの普及で並行輸入品が安く買えたりしますが…(現地公式で購入(個人輸入)は除く)

自分の買った靴を例にあげると

Tricker’sのバートン

店頭だと8万を超えますが、並行輸入だと4万ちょいです。

ジョセフチーニーのケンゴン

店頭だとこちらも8万超えですが、並行輸入だと7万弱です。

海外製革靴の罠:サイズ

サイズを見ると「US」とか「UK」とかありますよ。

アメリカ製はUS表記、ヨーロッパだとUK表記ですね。

上記の2つの靴はどちらもUKです。

しかし、どちらもUKだけどサイズ換算が異なります

バートンはUK7.0が25.5ですが、ケンゴンはUK6.5が25.5です。

バートンは「7」

ケンゴンは「6 1/2」

これは店頭なら履けばいいのですが、ネットだと取り寄せるまでわかりません(そのショップの表記が合ってる保証はない)。

交換はできると店がほとんどだと思いますが、それ以外にも問題点があります。

革の特性やソールの沈み方とかは履かないとわからない

自分にとってその靴がどうフィットするのかは、実際履かないとわからないです。

スニーカーと違って、革靴はかなりシビアです。

「痛いのを我慢してエイジング」みたいに言いますが、正直そんなんないです。

REDWINGもTricker’sも「痛い」で有名ですが、自分はフィッティングしてもらって買ったので全くなし。

1回目の靴ずれはありましたが、それはスニーカーでもするので笑

並行輸入品はB級品

そもそも「なんで正規代理店のとこより安いの?」ってとこですよね。

もちろん代理店がマージンがっつりって品物もあります。ハイブランドとか。

ただ、この2つは現地でも5万中盤ぐらいで売っているそうです。関税や輸送費、それと代理店のマージン乗せたらまあ8万ぐらいかなと。

代理店が思いっきりマージン取ってるわけではないってことです。

じゃあなんで安いのか?というと、正規代理店に下ろせなかった物だからですね。アウトレット品がイメージに近いでしょうか。

何かしら問題を抱えてるわけです。気にするレベルかどうかはその人次第。

もちろん、中にはちゃんとしたものがある可能性もありますが、ガチャですよね。

そもそも本物?

Amazonでパチモノというか粗悪品をバラ撒きまくってる世の中、本物ですかね?

昔はネットショップも参入障壁高かったので、生き残ってるところは結構ちゃんとしてました。

今なんか手持ち10万もあれば開始できますから、玉石混交です。

「半値だけど偽物」みたいな、それって意味ないですよね。本物(B級品)が半値だから価値があるのであって。

正規代理店じゃないってことは、そういうリスクもはらみます。

結局高くても正規代理店が正解

意外と気になること多いですよね。

もちろん値段は正義ではありますが、こういうこと気にして履くぐらいなら、ちゃんとした正規代理店で買ったほうがいいかと。

ブランドの革靴で悩んでる方の参考になればと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。