M1チップのMac、ハイエンド向けが2021年末〜2022年に発売

M1チップのMac、ハイエンド向けが2021年末〜2022年に発売

今市場に出てるのはあくまで「エントリーモデル」です

M1チップのロードマップはハイエンド発売に向けて動いてる

ハイエンドなMacBook Airが2021年後半〜2022年に登場か。

自分でも記事をいくつか出してきましたが、M1はもう買ってもいいタイミングだと思います。Dockerもプレビュー版出ましたし。

エントリー向けは急な性能アップはしない(一般的なCPU進化レベル)でしょうし、さすがに対応してるアプリも増えてきました。

インテル(旧モデルまでのCPU)が本格的にネガキャンを始めましたが、「そろそろネガキャンしとかないとやばい」ってことの裏返しです。

ハイエンド向けが万人に必要かというと、必要ないです。

今買っちゃいけない人は、16インチがほしい人ぐらいじゃないでしょうか。

エンジニアは待ってもいいかも

開発向けでも、今のM1チップでそこまで不自由しないと思いますが、待てる人は2021年末まで待ってもいいかと。

ただ、ハイエンド向けはそれなりの値段になりますので、今のM1チップMacBookAirの優位性はなくなりません。

個人向けで必要かと言われると…。動画編集には活躍するのかな。

16インチは出てないので、16インチ欲しい人は待つしか選択肢がないですが笑

「買いたいときが買い時」である状況には変わりなし!

ハイエンド出るといっても、値段も良い値段になるので、今の価格帯に登場するわけじゃないです。

なので、今欲しい方は買って大丈夫です!

0
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。