AWS資格の自宅受験してみた(試験外の落とし穴)

AWS資格の自宅受験してみた(試験外の落とし穴)

体験記を書いときます

時間に余裕を持ったほうがいい

チェックインが試験開始30分前に設定されます。

余裕ぶっこいてると、後述の諸々によって時間オーバーしかねません。

可能な限り、チェックイン時間からテスト開始しましょう。

ウェブカメラを使って存分にチェックされる

当たり前なのですが、いざやると結構しんどい。

・机の上に何も置かない(外部モニタとかも禁止)

・手の届く範囲に何もない

これ確認させられるので、意外とめんどくさいです。

デスクトップでやる人は特に注意して下さい。

iMacで受験しましたが、iMacを持ち上げたり回転する羽目に…。ウェブカメラは別途用意したほうがいいかもしれないです。

本棚を隠せる布とか必要

近くに本棚とかあると、布で隠してくださいって言われます。

自分はクローゼットカバーで隠しましたが、普通そんな咄嗟に布とかないですよね。準備しておいたほうが良いです。

大きい画面での受験はおすすめしない

全画面固定で、文字列が端で折り返しなので、iMac27インチだとしんどかったです。

背景白抜きなので、元々目にもしんどい。

30分ぐらいで首が痛くなりました。

できればノートが良いでしょうね…。

会話が入ると試験NG喰らう可能性あり

自宅ですので、室外での会話とかあったりするかと。それ、不正とみなされる可能性があるので注意を…。

家人にも協力してもらう必要があります。これで落ちたらもったいなさすぎます。

まとめ

机にはPC以外置かない、やりすぎなぐらい周りから物を避ける、本棚は隠す。

本試験に入る前にバタバタするのも嫌だと思いますので、しっかり準備して臨みましょう。自分も次はばっちり準備してから受けます。

0
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。