転職活動の記録

転職活動の記録

参考になるように、細かく時系列順に見ていこうと思います

2018年夏頃:転職を考え始める

忙しすぎて暇はありませんでしたが、夏休みぐらいから考え始めました。

理由は親会社のレベルの低下を受けて、損な役回りが増えたこと。

これまで、帰れないような忙しさも、仕事のレベルの高さも苦痛になりませんでしたが、レベルの低い相手と喋るのを強制されることだけは耐えられませんでした。

この頃は毎日UVERworldの動画見て切り替えてました。

朝はIMPACT

夜はMONDO PIECE

この2つがなかったら闘えなかったでしょうね…。人生で初めて音楽に支えられました。

自分の会社にはあまり不満がありませんでした。昇格しないと安いけど…。そのままいれば翌年昇格だったんですけどね。

新卒〜12年目、34歳でした。

年末年始休暇中:転職エージェント登録

具体的にいうと三が日明けですね。12月ぐらいから落ち着いてきて、しっかり休んでから動こうと思ってました。

ここでリクルートエージェントに登録して、情報収集を開始しました。

2019年1月中旬:転職エージェント面談

1月中旬に、リクルートのエージェントと面談しました。

用意したのは

・履歴書

・職務経歴書

・志望動機

といったところです。

どれもそれなりの水準で書けてたようで、この段階で大きく修正されることはありませんでした。

この時点で志望動機はがっつり考えておいたほうが良いです。転職活動の軸は志望動機ですので。

1月下旬:応募開始

まずは5社ぐらいの書類選考応募してもらいました。エージェントが紹介してくるので、エージェント経由で企業と連絡取る感じです。

ここらへんは気になるとこ応募して、準備しながら結果待つってだけですね。

2月初旬:転職エージェントを増やす

ITに強い転職エージェントを使ってみようかなということで、TechClipsという転職エージェントに登録しました。

ただ、登録したのはいいけど面接するかは直前まで迷ってました。

増やさなくてもいけるんじゃないかなーって。

最終的に今の会社はここ経由で決めたので、自分の勘とかに感謝です。

TechClipsの良いところは「現役エンジニアがエージェント」というのと、社長とweb系企業(特に渋谷)界隈のパイプが強いところです。

ITエンジニアであれば相談してみてはいかがでしょうか。

あと、SESを紹介してこないところも大きいです。

2月中旬:書類選考と一次選考は通過するが、プログラム試験で躓く

「これ本当に現役社員できるの??」ってのが多かったですね。

4社あって、3社は手応えがまるでないっていう。

今でも、この試験すんなりクリアするエンジニアだらけだったら中国に対抗できるんじゃ…って思ってます。

これはちょっと短期対策は難しいですね。自分は諦めました。

2月下旬:面接自体は完璧な手応えがあるが、技術力が足を引っ張る

ここらへんが一番精神的にはきつかったですね…。

技術をゴリゴリに使ってきたわけではなかったので、どうしてもエキスパート相手だと厳しい。

ただ、逆にあとはそこだけかなってレベルにはなってきました。

人事じゃなくてエンジニアが出てくる場面も多かったので、「ここは入っても合わないな」とかも感じるようになってきました。

3月初旬:今の会社から内定

面接も手応えあり、ニーズにもハマったおかげで内定もらえました。

嬉しさもありましたが、正直安心のほうが大きかったです。

もう1年、この低レベルな環境ではやれないぞって思ってたので。

一応、引き継ぎぽいことまとめたり、「転職活動してる」とか「決まったら辞める」ってのは匂わせていたので、直属の上司は驚いていませんでした。

そこから上の課長とか部長はびっくりしてましたが。

昇格決まってから辞めたのは史上初だったみたいです笑

3月17日〜28日:有給消化期間

なけなしの退職金を軸に行きたいとこ行ってました。すごい楽しかったなぁ。

10年に一回ぐらい、こういう旅行したい笑

3月29日:退職

この日に退職メールを全社向けに流しました。

直近でお世話になった人とかには、有給消化前に連絡しておきましたが。

以前面倒見てくれた方(関西支社)が電話くれたのは嬉しかったな。

あとは年度最終日なのもあって、結構人がいねえっていう笑

挨拶しないで終わってしまった人も多かった。

ここらへんちゃんとしたければ、年度最終日はやめましょう!

4月1日:今の会社で働き始める

週明けからすぐに今の会社へ。

緊張する暇もあまりなかったので、逆によかったかもしれません。

2020年11月現在

そして今に至ります。

転職してよかったことしかないです。

自分の実力もわかったし、新しいことができる環境はありがたいです。

コロナ禍になって転職はリスクだと思うかもしれませんが、今こそ自分の価値を正しく知る必要があります。

自分が他の会社でやれるのか?必要とされるのか?というのは、確認しておいたほうが良いです。

その上で、今の会社で頑張るのか、転職するのか決めたら良いのです。

「他でやれるかわからないから、今の会社にしがみつく」って思考は、人間関係とかで苦しみだしたら病みます。

いつでも選択肢は持っておきましょう」というのが、転職成功した自分からのアドバイスになります。

だいたい3ヶ月あれば完了するはずですので、もし考えてる方は参考にしてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。