社内の評価≠自分の評価

社内の評価≠自分の評価

転職したいとか、今の仕事を辞めたいときのご参考にしてください

自社内評価≠自分の価値

自社内評価はあまり役に立ちません。あくまでその会社内での評価ですので。

極端に言えば、Excelできない(関数を複合で使えない)人が99%の会社で、ゴリゴリにVBA書けて、業務改善に成功したら評価は上がるでしょう。

でもこれって「評価高いから転職できる!」ってなりませんよね?

市場価値が年収を決める

じゃあ自分の能力はどう判断するの?っていうと、「自社外からどう見られているか」です。

つまり市場価値です。

転職サイトで詳細に条件入力できますので、特にエンジニアはかなり具体的に可視化できます。

そこで出てきた年収がおおよその自分の評価です。

自分の今の年収と照らし合わせてどうでしょうか?

思ってたより低いのではないでしょうか?

転職市場に出ないと市場価値は確定しないが…

「履歴書や職務経歴に書けない経験・スキルあるから」って人も当然いらっしゃると思います。

ただ、それは自分とか周りが知っているだけで、「市場から見たあなた」には表現されません

履歴書や職務経歴書と、実際のスキルのギャップは面接で埋めることになります。

ただ、面接でアピールできることは限られていますので、ここの結果で大きく年収が上がることはないです。

履歴書とか職務経歴書、あとはそのときに転職市場のニーズによってほぼ決まります。

転職したいなら市場価値を上げる

転職したいなら、社内評価で判断せずに市場価値で自分を見つめ直しましょう。

市場価値が自分の要求と合っているなら、すぐに転職活動しても大丈夫です。

思ってるより市場価値が低いなら、市場価値が高くなるようなキャリアプランを設定しましょう。

動かないと、そのまま年齢分だけマイナスされていくだけです。

仕事をうまくやってれば価値が上がっていくと勘違いしがちですが、そんなことはないですのでご注意を…。

0
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。