通帳発行料1,100円?!の裏の話

通帳発行料1,100円?!の裏の話

みずほ銀行が、「新規口座の紙通帳発行」に対して、1,100円の手数料を取るというニュースがありました。

「とんでもないな!」「終わったなみずほ銀行」みたいなコメントで溢れましたが、そもそもなんで手数料を取るようにしたのでしょうか?

銀行の紙通帳制度の維持には、1口座につき年間200円かかっている

これは銀行から国に払っている分ですね。紙通帳がある場合、1口座につき年間200円払っているそうです。

みずほ銀行は2400万口座ありますので、48億円…。無駄ですね。

できればないほうが良いというのは理解できます。

1200万口座分は1年以上記帳されていない

およそ全体の半分が1年以上記帳していないとのこと。1年以上使わない、つまりなくてもいいものですので、年間24億円は完全に無駄になっています。

銀行がやめたい理由としては、とても妥当です。誰が経営者でも手を打つところだと。

今後は長期間記帳のない口座は、自動的にデジタル通帳(オンライン上でのみ入出金が見れる口座)に切り替わっていくようです。

もし紙通帳が必要でしたら、お早めに記帳を…

0
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。