日向坂46「3年目のデビュー」

日向坂46「3年目のデビュー」

オードリーが好きで、オードリーがMCをやっている「日向坂であいましょう」きっかけで、人生で初めてアイドルを応援し始めました。

百聞は一見にしかずと言いますので、ぜひ見て欲しい…。純粋にバラエティとして面白いです。オードリー(というか若林)のバランスの取り方が秀逸。

オードリー、日向坂46、制作スタッフの互いへのリスペクトと番組を面白くしたいという気持ちが凄い伝わります。

そんな日向坂46のドキュメンタリー映画「3年目のデビュー」を見てきました。るろうに剣心以来の映画館です笑

このタイトルの意味は、彼女たちの不遇な境遇からきています。

もともと彼女たちは、サイレントマジョリティーとかで有名な「欅坂46」の2軍的な「けやき坂46」(通称:ひらがなけやき)として活動していました。

けやき坂46としてデビューするわけでもなく、欅坂との入れ替えがあるわけでもない、なのに2期生を追加したり、目的の見えないしんどいグループでした。

本当は欅坂との入れ替え(AKBだと総選挙で決めてるやつ)があったけど、平手が拒否して消滅したなんて話も…。

そんな中でもメンバーたちがもがき続けて、「日向坂46」と改名したのが3年目の出来事になります。

日向坂であいましょう等で垣間見える「メンバーの全力感」だけじゃなく、表に出さない、裏での葛藤がたくさん描かれていました。

目に見えているのがすべてじゃないというのは当たり前ですが、裏側を見せられると凄いプレッシャーだったんだなって。

特にセンターの小坂は「グループの顔」になるので、とんでもないプレッシャー。自分の出来不出来が20人以上の行く末みたいなのを決めかねないわけです。

普段「アイドルだからー」とか「芸人だからー」とか、見えてるものだけを見がちですが、こういう裏側とかストーリーを知ると見方が変わるんじゃないかなと思います。

ぜひ日向坂46に興味を持った人は映画館に行ってほしいです。

1+
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。