ネット投票の是非について

ネット投票の是非について

ちなみに自分は推進派です。是非とも実現してほしい。

さすがにネット投票実現したら「投票に行くのがめんどくさい」層や、本当に忙しくて行けない層も言い訳できないでしょう。

ですが、実現性についてはちょっと期待できないかなとも思っています。

ネット投票を実現するために政治家が動くには、「自分に利する」つまりは「選挙で自分の票が増える」という理由が必要です。

じゃあそれってどうやって判断するのか?というと、そういう政策を打ち出している人に明確に票が流れることでしか示せないです。

SNSで大人気でも、結局票が集まらないと意味ないです。某ぶっ壊す党とかもそうですよね。

ネット投票やれや!って言う前に、まずは実際に投票しないと駄目、何も変わりません。

みなさんも、お金にならないのに仕事しないですよね?同じ話です。

そもそもネット投票って何を財源に実現するのでしょうか?税金ですよね?

明確にPB黒字化(政府の歳入と歳出を黒字化)を目指してるのに、政府がお金出すわけもなく。

特に自民党は投票率が低いことにより政権維持している側面がありますので、余計に出さない。

※もし自民党内にネット投票を推進する方がいたら、その人は個人よりも国を優先している方です。本来の政治家らしい方ですね。

ですので、野党サイドに票を流して、野党にうるさく騒いでもらうしかないです。

結局は行動しないことには何も起きないのは、これまでもこれからも同様です。

ネットだけで騒いでも何も起きません。ネットで騒いで、実際に行動を起こすから何かが変わるのです。

ぜひ、大きな流れを作っていって、ネット投票を実現させましょう。

0
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。