オードリー若林のクライシスマネジメント

NO IMAGE

オードリーの大ピンチといえば、春日のフライデー事件ですね。

自分は漫才の実力で好きですが、一般的にはイメージで売ってる面も大きく、一歩間違えたらコンビ共々奈落の底へ一直線でもおかしくなかったです。

所属事務所がはぐらかさずに「とんだ大バカ変態野郎です」とコメントしたのも凄いですが、報道直後のラジオでの若林の立ち回りが素晴らしかった。

一切擁護せずにクソほどこき下ろし続けたことや、最大の被害者であるクミさんを番組で出演させ、存分に文句を言わせてから、クミさん自身に幕引きさせたのが大きいかと。

一般人のクミさんが「ムカつくけど、こんなとんだ大バカ変態野郎は面倒見ないとしょうがないし、条件付きで許す」って言ってしまったら、第三者はそれ以上は叩きようがないですよ。

被害受けた二人がラジオで幕引きしちゃったのだから、もうここから火をつけようがない

おそらく報道直後から綿密にシナリオを書いたであろう若林。めちゃくちゃムカついたしショックもあっただろうに、ちゃんとここまで終息させちゃいました。

今やいじるのも若林自身と日向坂の番組ぐらいですし、これ以上の成功はないですよね。

企業なんかは参考にするところがあるのではないでしょうか。

0
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。